京都南部地場野菜の紹介
写真    写真 
京印の位置する京都南部地方は京都、大阪をはじめとする大消費地に近く、
地場野菜の宝庫として優良農地を有する好条件を生かし、都市近郊農業を中心とした
付加価値の高い農業生産が行われています。特に野菜栽培に適した土壌の条件や、
農家の品質向上努力により、その品質の高さが評価されています。
春から夏にかけてはトマト、キュウリ、ナスの果菜類を中心にキャベツ、たけのこ、他、
季節商材はもとより数多くの商品が栽培され、秋から冬にかけては特にその評価が高い軟弱品は
各方面からの引き合いが多く、東京から遠く青森にまで店頭に陳列されています。
京の伝統野菜として名高い聖護院大根は「淀大根」のブランドで広く全国に出荷されています。
近年担い手不足が叫ばれている中、この地方はU−ターン農業、退職者農業、
とりわけ新規就業者が多く活気あふれているのが自慢です。                   
写真     戻る         次へ